医師紹介


院長
鎌田 眞人(かまだ まさと)

 

 

1958年、岩手県 福岡町(現 二戸市)生まれ。三歳の頃、父親の開業を機に南三陸町に転居。幼少期から小学校卒業まで南三陸町で過ごし、中学から仙台市の私立 東北学院中学校を経て同高校に進学。最終学歴は近畿大学医学部卒。

 

その後、近畿大学医学部第三内科(血液、膠原病、腎臓)に所属。1994年3月に鎌田医院を継承開業し、東日本大震災直後の2011年3月より歌津八番クリニックを新たに開設。

 

専門は腎透析。内科学会認定医、透析療法学会専門医。過去に日本肥満学会、薬物・アルコール医学会、美容皮膚科学会などに所属した経歴を有す。

 

趣味はファッション、クルマ・腕時計・ギターのコレクション、そしてアルコール(元 利酒師)。ライフワークはダイエット。

座右の銘は「少年老い易く学なりがたし、ゆえに日々これ精進あるのみ」。


 3月11日のこと

平成24年度に公益財団法人社会貢献支援財団から「東日本大震災における貢献者」として表彰されました。